[an error occurred while processing this directive]

いまおそ!なテキスト

No. 06 好き嫌いってどこまで?
(いまおそ、文化を食らう)

どうも。相変わらず管理人です。なんか今回は思いのままに書くよ。
あ、いつもそうですね。どうもすいません。ま、前置きはどうでもいいんです。
読んでくださるなら読みやがれ。いえ、読んでください。


「好き嫌い」って、わりとよく聞く言葉ですよね。ま、そうでない方もそうだねとか無理矢理思って読んでください。んで、結構食べるのが好きな管理人ですが、よく思うのが好き嫌いってどの範囲を指すんでしょう?ってことなんですよね。

例えば、管理人はよく焼肉を食べに行くんですが、一緒に行く人に「好き嫌いある?」とか訊いても、「無いです!」って返ってくることが多いです。んで、あんまり焼肉のこと知らない人だと「メニューは任せます」とか言われます。ま、そんなわけで管理人がその店で美味いと思われる料理をいろいろ注文するわけですが、だいたい失敗です。こんなの食えないとかグロいとかいろいろ言われてげんなりします。なんだよ。好き嫌いだらけなんだったら最初から言えよ!アホかお前は。になるわけです。ま、ロースって焼肉の中では劣るよなあ。とか思ってる管理人も管理人ですが。

ま、きっと相手の言い分としては、そんな食ったこともない上に見た目の怖いものなんか食えるかボケ!ってことなんでしょうが、なんか違うんじゃねーの? と。だいたい食ってみもしないうちから嫌がるなんてありえるのか。どういう了見してやがる。

えーとね、管理人は人類が食べてる全種類の食べ物を食ってみたいんです。食ってみてから口に合わないなあってのはいいんです。昆虫の類もそうだし、最終的には人肉まで。あ、ひきましたか? ま、そうかもね。いや、自分の肉って美味そうだなあ。なんて思ってたり。

よくテレビとかでどっか外国に行って歓迎されて、ご当地の民族料理をだしてもらったりしてるでしょ。んで、例えば豚の丸焼き(?)とか出てくるとしますよね。その時に顔しかめながら逃げ回ったりしてる。ま、別に豚じゃなくて、イモ虫の類とかでもいいんですが。そういうことが平気でできるのは、なんでだろうと思うわけですよ。管理人だったらとりあえずは食べてみたい。いや、ホンマですよ。もちろん。

そんな激しいものでなくても、生卵とかでも飲むのが苦痛な人とかいるんですね。いや、口に合わないとかアレルギーとかじゃなくて食べる前から。そんな人でも好き嫌いは無いですとか言ってるのを見ると笑っちゃうよ。管理人なんか普通においしくいただきますが。

んでね、一般の人の好き嫌いって、どこまでの範囲のことを言ってんだろうと思ったわけですよ。ええ、それが今回のギモン。んで、結構いろんな人にそういう質問するわけですよ。ほんでね、なんか先日ある方から聞いたんですが、それはきっと自分が生まれ育った環境に出てくる範囲じゃないだろうか。って、答えてくれた方がいたんですよね。なるほど、もっともな意見だと思いました。その方は管理人の母校で国語の先生をされてる方なんで、大きく外れてないものと信じて書いてます。んじゃ、管理人が納豆を食べない、というか食べ物と思ってないことについては、好き嫌いとは言わないんでしょうか。

管理人は納豆を知らないで育ちました。ま、20〜30年ほど前の話ですから、今ほど大阪にも納豆なんて出回って無かったんでしょう。初めて納豆の実物を見たのは小学校の修学旅行のときです。これがあの納豆か! 感動でした。テレビとかではもちろん見たことあったので、だいたいの心の準備はできていました。で…。うーん、ごめんなさい。食べてはみたんですけど。「いつかは食べてみたいリスト」からは無くなり、「できれば避けて通りたいリスト」に入りました。いや、その時はとりあえず全部食べましたけど。

んで、本題。生まれ育った環境が関係してくるということは、食べ物は文化と言えるんじゃないか。あ、食文化っていう言葉があるぐらいだから当然文化なのか。なんだよ。んじゃ、異文化(!)にふれたときに受け入れるとまでは言わなくても、顔をしかめずに試してみれるのか。いや、試してみろよ、そこのお前。いや、結局は旅行に行ったら現地の料理を食べたいよう。ってことなんですけどね。あれ? 違うなあ。はい、違いました。

えーとね、なんでそんなに異文化を拒否しようとするのってことです。ふれてもみないうちからね。そういうのってなんとも思わんのかね。新しい発見があったり、新たな見識が生まれるかもしれないのに。いや、文化なんて大仰なものの言い方するからイカンのかな。でもなあ。その土地で採れるものとか、その土地で生きていくために必要なものだからなあ。そう考えるとその土地の景色や建築なんかとそう違わないと思うんだけどなあ。あ、それは文化じゃないか。わかんねーや。それより管理人ってば、芸術系大学の建築学科なんかに通ってたくせに全然建築のことわかってません。あ、卒業して無いからか。なるほど。

こんがらがってきたので気分転換。ま、論旨が無いのはいつものことなんでいいんですけど、今回はオチも無しでいこうかなとか思ってたりします。あんまりそういう気分じゃないもんで。というか、今回は自信が無いんですよね。何にも調べてないし。ま、それでも書いちゃうってところがバカだったりします。いいよね。ちゃんと怒りがギモンに変換されてるし。その程度のもんですよ。

んじゃ、どうしましょうか。あなたがおいしいと思ってるものを、食べもせず匂いもかがずに拒否されたら。管理人はとりあえずそんな奴を拒否します。でも、拒否してほしそうだったりされるとなあ。って、そんなこと言ってると終わらないなあ。あ〜あ。

要するに管理人は、未知の食べ物を見た目や匂いだけで拒否したりしないし、そういうことをしといて失礼だとか思わない人は嫌いです。つーか、普通にヤな奴だよねえ。そういうことはしたくないです。

ま、いろんなものを食わせろ!こんにゃろ。ってことになるんかな。食ったことがないものがあったらこれからもがんばって出かけていきますんでよろしくです。短い人生で食べることのできる料理は限られてるしね。

2003年08月05日


サイト管理者 : いまさらおそい!管理人 (いまおそ)
連絡先 : admin@imaoso.net